電話代行サービスの導入で会社の未来は明るい

人件費のコスト削減

正社員を一人雇うと、莫大なコストがかかってしまいます。そのため最近では、アウトソーシングが隆盛を極めています。とくに電話対応などの簡単な仕事は積極的に外注する会社が増えてきました。アウトソーシングならコストは最小限で済ませられるので、不況の中でも業績を上げやすくなります。

電話代行サービスでよく利用されているサービス内容BEST5

no.1

外出時にも嬉しい即時転送サービス

かかってきた電話を受けて用件を聞くのみならず、通話を指定の電話番号に即時転送してくれるサービスもあります。携帯電話に転送をしてもらえれば、外出先でも内線電話同様の対応が可能です。

no.2

アポイントメント取得代行サービス

業者によっては、積極的にセールスに協力をしてくれるところもあります。アポイントメント取得は面倒で時間のかかる作業ですが、この作業を代行してくれる業者も今では少なくありません。

no.3

日本語以外の言語に対応するサービス

通常の電話代行サービスは日本語のみの対応となります。しかし、増大するニーズに応えられるようにと、一部で外国語にも対応をする例が増えてきました。英語はもちろん、探せばマイナーな言語に対応をしてくれる業者も見つかります。

no.4

着信拒否番号の指定まで可能

電話代行サービスは、基本的に月々のコール数によって料金が変わります。そのため、いたずら目的の電話がかかってくると料金が嵩んでしまうことも考えられます。その状況を回避するために、多くの業者で着信拒否番号の指定ができるようになっています。

no.5

FAX送受信の代行も人気が高い

日本のビジネスシーンでは、まだFAXが現役で使われていて、使用頻度も驚くほど高いです。そのためか、FAX送受信代行サービスも人気が高いです。このサービスはプレスリリースの際にも大いに役立ちます。

電話代行サービスの導入で会社の未来は明るい

固定電話

内線のように転送もできる

電話代行業者が受け取った電話は、そのまま別の電話番号に繋げることができます。担当者の電話番号を指定しておいて、そこに即時転送をしてもらえれば、電話代行業者が総合的な受付窓口になります。オフィス内にある内線電話と同じように、すぐに必要な場所に通話を回せるので、相手を待たせることがありません。携帯電話の番号も指定可能で、担当者が外出中でも問題は起こりません。

時間外アナウンスにも対応

対応不可能な時間帯にかかってきた電話をそのまま放置しておくと、相手に悪印象を与える結果となります。時間外ならアナウンスを流すのが最善なのですが、その対応まで多くの電話代行業者で依頼可能です。テンプレート的なものでいいならすぐに使い始めることができますし、伝えたいメッセージがあるなら、その旨を入れ込んだオリジナルなアナウンス音声を作成してもらうこともできます。

クレームの一次対応も可能

クレームの一次対応というのは、かかってきた苦情の電話を担当者に回してくれるサービスのことです。まず最初の窓口となる部分を、電話代行業者に任せることができるというわけです。一次対応のみなら難しい指示をする必要もなく、簡単に利用できます。電話代行業者のオペレーターが直接クレーム対応をしてくれるわけではない点には注意が必要ですが、丁寧に対応をするだけでも苦情主の怒りは和らぎます。

電話代行サービスを導入した企業からの声

対応の幅が広くて使いやすい

希望をすれば、綿密な打ち合わせもしてくれるので大変助かっています。具体的にこうして欲しいと要望を伝えれば、極力その通りに対応をしてくれるのがいいですね。カスタマイズ次第では複雑なオペレートも実現します。

オペレーターが好印象

自社社員の電話対応能力に疑問を感じて使わせてもらっているのですが、とにかくオペレーターの話し方が好印象で、会社の印象アップにも繋がるのではないかと期待しています。

無料期間のおかげで悩まなくて済みました

最初の一ヶ月間は無料で使えるということで、どこのサービスがいいかとあれこれ悩むこともありませんでした。次々と各社のサービスを試してみて、今ではベストだと思える会社と付き合えています。

デスクが広く使えるようになりました

電話代行サービスを使用するようになってから、デスクに固定電話を置く必要がなくなりました。電話はすべて代行業者の方で取ってくれて、必要とあらば携帯の方に送ってくれるからです。

値段が安いのが嬉しい

オプションをほとんど付けないなら、月々数千円から利用できるのが嬉しいですね。中小企業は余計なランニングコストを抱えることができませんが、数千円なら問題はありません。

広告募集中