海外に視野を広げる

日本の人口は減少に転じているため、将来的には経済の規模も小さくなっていくことが予想されています。これから企業活動をするのであれば、海外に視野を広げる必要があります。

今注目されている企業向け代行サービス・トップ5

no.1

wechat payの導入支援サービス

中国で使われているwechat payという決済システムがあるのですが、その導入支援サービスが人気を呼んでいます。中国人旅行者が日本国内で快適に買い物ができるようにと、支援会社を使って導入を進める店舗が増えてきています。

no.2

利用までのハードルが低い電話代行サービス

電話番をするだけのスタッフを雇うのは非効率的です。電話代行サービスを使えば、月額数千円という安い値段で電話番をしてくれる人材を追加していくことができます。多くの問い合わせに対応するために、わざわざ社員数を増やす必要はありません。

no.3

営業代行業者のサービス

新興企業や零細企業は、自社で営業マンを雇う余裕がないこともあります。しかい、今の時代は営業代行業者があるので心配はいりません。必要なタイミングで優秀な営業マンに働いてもらうことができ、低コストで売上アップが見込めます。

no.4

企業法務の代行もしてもれる弁護士法人

弁護士法人というのは、多くの弁護士が集まっている巨大法律事務所のことです。様々な分野に強みを持つ弁護士が大量に在籍していて、企業法務活動のほとんどすべてを任せられます。

no.5

清掃代行サービスは昔から人気

優秀な社員には、無駄な作業をさせたくないものです。清掃代行業者と契約を結んで、社員が帰宅した後で作業をしてもらえれば、苦労して採用した優秀な社員に余計な仕事をさせる必要がなくなります。

インバウンド事業を拡大するなら

観光事業で儲けたいなら、外国人旅行者が日本国内で活動しやすいように工夫しなければいけません。とくにWi-Fi網の整備や決済サービスの充実は欠かすことができません。外国語に堪能なスタッフを雇い入れることの重要性も高いです。

[PR]
電話代行の申し込み
サービス内容を確認しておこう。

多くのサービスの中でも注目されるwechat pay

女の人

海外からの問い合わせにも電話代行サービス!

インバウンド事業に関わっているなら、海外からの問い合わせにも対応できる体制を整えておく必要があります。ですが、外国語に堪能なスタッフを新規雇用するのは大変です。電話代行サービスの中には外国語での対応を売りにしているところもあるので、そうしたところを使えば低コストで迅速に体制の整備ができます。問い合わせ内容は日本語にて伝えてもらえますし、返信をお願いすることもできます。社員に外国語ができる人材がいなくても、仕事が回していけるようになります。

wechat pay導入までの流れ

まずは導入支援業者に利用の申込みをする

日本でwechat payを使うなら、まずは導入支援サービスを行っている業者に申し込みをする必要があります。大手通信会社も代行業をしているので、安心感が強いです。

審査があるのでそれにパスする

正式に申し込みをしても、誰もがwechat payによる支払いカウンターを設けられるわけではありません。一応簡単ではありますが審査があって、それにパスしなければいけません。

カウンターに設置する端末の導入

wechat payは、カウンターに端末を置かなければ使えません。端末の準備は必要不可欠ですが、多くの導入支援業者が契約と同時に端末の貸出もしてくれるので安心です。

端末に専用のアプリをインストールする

カウンターに設置したアプリと利用客のスマホのバーコード情報とを組み合わせて使っていく決済システムなので、専用アプリをインストールしてバーコードを読めるようにしておく必要があります。

すべてが揃えば運用開始

すべての手続きが終了すれば、いざ運用開始です。運用時には、お店のスタッフもすることがあまりありません。困ったことがあれば導入支援会社がいつでも相談に乗ってくれます。

[PR]
電話代行サービス充実♪
まずはプランの内容をチェック!

広告募集中